楽しいフクロウライフのために その3 (ロストした時に備えて)

JUGEMテーマ:猛禽類について。フクロウや鷹など

 

フクロウのロストは最近多くなってきたと思います。

その一番の理由はやはりペットとして飼われるフクロウが増えたことです。

ふくろうの集うカフェQuill(クイル)のお客様も環境が整えば一緒に暮らしたいと言う方が日に日に増えてきています。

 

また、以前はお家の中だけで飼われていることが多かったのですが、外にお散歩に行くフクロウさんが、かなり増えました。家の中でも常時フリーなどの飼い方も有りますので、一瞬の隙をつくってしまった為ににげてしまう事故が多く見られるようになりました。

 

前述の繋ぎやすい二重の安全を考えた係留を提案させて頂きましたが、やはりヒヤリ!ハッ!とした経験からの提案は大切なことだとおもいます。逃げたフクロウを探した経験から発見しやすい道具などを探してきましたが、数か月前に使えそうな物を見つけましたので紹介します。

 

MAMORIO」という世界最小の落とし物追跡タグがその商品です。

価格も安く、重さも3gと軽量で常時装着が望ましいですが、外に出るときにはジェスに取り付けたりしておくと万が一の場合の捜索活動に大きな力となります。

 

捜索時に一番困ることは双眼鏡などを持っていても昼間は物陰に隠れてしまうので近くにいても捜索者が発見できないことが多くありました。このシステムを利用すると捜索者のスマホにアプリを入れてもらい歩き回ってもらうだけで隠れている場所の近くを通った時点でタグを登録している飼い主さんに通知が行きます。

 

数か月前に逃げてしまったフクロウさんの場合、もしこのタグが付いていればすぐに発見できたと思われます。

 

使い方は製品のホームページ「http://www.mamorio.jp/」を参照してください。

 

以前は製造が追いつかずふくろうの集うカフェQuill(クイル)で注文した時もかなり到着まで待ちましたが、現在はすぐに発送できるようです。防水は少しはされているようですが、心配な場合は市販の防水コーティングスプレーなどを使用しても良いかと思います。

 

ふくろうの集うカフェQuill(クイル)で実験しましたがクラウドトラッキング機能を使っての指定ユーザー(友人等)での捜索にかなり有益であると思われました。まずはお散歩する際に装着してはいかがでしょうか。アンクレットに装着する際は鈴をつけるような加工を行えば良いと思います。

 

必要な方はふくろうの集うカフェQuill(クイル)でアンクレット交換時に加工も出来ます。

実物はふくろうの集うカフェQuill(クイル)に有りますので、ご興味のある方はご来店ください(^^)

 

常時装着が出来れば良いのですが、噛んで壊れてしまう事が考えられますので今のところ使えるのはお散歩時ぐらいでしょうか。

 

何か常時装着に耐えられる良いもの(方法)をご存じの方、ご提案して頂ければ幸いです。

 

コメント